賃貸物件の選び方

後悔せずに長い間住み続けられる賃貸物件を選ぶには、少々コツというものがあります。これは、賃貸生活をした人にしか分からないことでもあるので、初めて一人暮らしをするという人は頭に入れておいてもいいでしょう。 一つ目には、カタログでは分からない部分もしっかりチェックしておくべきだということです。不動産業者の資料だけでは、なかなかその部屋の実情というものが見えてきませんから、内見をしっかりして自分の目でチェックをしておく必要があるのです。 日当たりはどうなのか、カビは生えやすいかどうか、近所の人たちはどのような人たちか、耐震化の工事は住んでいるのか、そして駅までには実際にどの程度の時間がかかるものなのかなど、チェックポイントは多岐に渡ります。駅までの距離は不動産会社の資料にも書かれていますが、それは単純計算した数字でしかありません。実際にはそれ以上の時間がかかる場合も多々あることを知っておくだけでも違います。 他にも、断熱材がどのような仕様になっているかなども知っておくと便利です。内断熱工法なら結露が発生しやすいので、北国では少し注意がいります。収納がどの程度あるのかは、荷物の多い女性には特に要チェックポイントとなります。


>

RECOMMENDED


賃貸に出したい場合は?

所有している分譲マンションを賃貸に出したいなら、リロケーション会社に相談するのが一番早いです。リロケーション会社というのは、一般人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、分譲賃貸を専門に扱っている業者のことを指します。分譲マンションの所有者に代わって、部屋の貸し出しについての業務をほぼすべて行ってくれるとても便利な会社です。 何が便利かというと、依頼をすれば入居者の募集から、入居審査、さらには部屋の管理まで自分に代わってしてくれるのです。転勤などで長期間留守にするのであれば、その期間だけ他人に貸してお金を得るということが比較的簡単にできるようになっています。短期的な契約を結んでくれますから、予定日には自宅をまた元の状態に戻しておいてくれます。 自分では何も手をわずらわせる必要がありませんから、仕事に集中できます。入居者とのトラブルも勝手に解決してくれますし、部屋をいい状態に保つ努力もしてくれます。いろいろと相談もできるので、まずは見積もりを出してもらうといいでしょう。どういった人に貸したいのかという相談も可能です。女性だけに使って欲しいという要望もできますし、家族連れはやめておいて欲しいなどの要求も可能な場合があります。